視聴率歴代ワースト2位でも輝く!「どうする家康」松本潤の新境地

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

視聴率歴代ワースト2位でも輝く!「どうする家康」松本潤の新境地 トレンド情報
スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「どうする家康」が、その最終回で衝撃の視聴率を記録しました。

歴代ワースト2位という結果にも関わらず、このドラマが取り組んだ革新的な試みには大きな注目が集まっています。この記事では、その挑戦とドラマの全体的な評価について深掘りしていきます。

「どうする家康」とは

『どうする家康』は、2023年1月8日から12月17日まで放送されたNHK大河ドラマ第62作で、徳川家康の生涯を新たな視点で描いた作品です。主演は松本潤で、脚本は古沢良太が担当しました。このドラマは室町時代後期から江戸時代前期を時代設定としています。

ドラマの制作は、愛知県内で2022年6月5日にクランクインし、NHK大河ドラマ作品としては初めてグリーンバック合成とバーチャルプロダクションを併用した撮影が行われました。番組ロゴは2022年9月5日に公開され、出演者の発表は不定期に行われました。

ドラマの特徴として、タイトルバックは前期、中期、後期で全編が異なる3種類が制作され、第44回では一夜限りのスペシャル・エディションが制作されました。また、2023年10月26日にクランクアップしました。

物語は、1556年に駿府で人質生活を送っていた松平元信(後の徳川家康)が、親の七回忌で三河に戻り、その後の活躍を描いています。家康は、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれた後、三河衆の進言で岡崎城へ入り、今川から独立します。その後、徳川家康として三河の統治を進めるものの、一向一揆を招くなどの危機に直面します。

視聴率の真実:挑戦の結果

「どうする家康」の最終回は、平均世帯視聴率12.3%を記録しました。全48話の平均視聴率は11.2%と、これは大河ドラマの歴代ワースト2位の記録です。しかし、この数字だけが全てではありません。このドラマは、嵐の松本潤を主演に迎え、新しい徳川家康像の提示や、デジタル技術「バーチャルプロダクション」の導入など、数々の新しい試みに挑戦しました。

新しい大河への挑戦

視聴率は苦戦したものの、ドラマは斬新な展開やキャストの熱演で一定の評価を得ました。特に最終回では、南光坊天海役で小栗旬がサプライズゲストとして出演し、視聴者に大きな驚きをもたらしました。伝統的な大河ドラマの枠を超えた新しい試みは、視聴率以上の価値があると言えるでしょう。

まとめ

「どうする家康」の挑戦は、視聴率という数字だけでは測れない価値を持っています。歴代ワースト2位という結果に終わったとしても、その革新的な試みと演出は、今後の大河ドラマに新たな可能性を示唆しています。このドラマが残した足跡は、日本のテレビドラマ史において重要な一ページとして記憶されることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました