2023年紅白視聴率が歴史的低水準!その衝撃の要因とは?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

トレンド情報
スポンサーリンク

2023年大晦日に放送された「第74回NHK紅白歌合戦」が、視聴率の面で歴史的な低水準を記録しました。この衝撃の数字の背景には、どのような要因があったのでしょうか?この記事では、番組のハイライトと共に、その理由を簡単簡潔に紹介します。

紅白歌合戦過去の視聴率

第40回 1989年12月31日 1部 38.5%
2部 47.0%
第41回 1990年12月31日 1部 30.6%
2部 51.5%
第42回 1991年12月31日 1部 34.9%
2部 51.5%
第43回 1992年12月31日 1部 40.2%
2部 55.2%
第44回 1993年12月31日 1部 42.4%
2部 50.1%
第45回 1994年12月31日 1部 40.1%
2部 51.5%
第46回 1995年12月31日 1部 44.9%
2部 50.4%
第47回 1996年12月31日 1部 41.6%
2部 53.9%
第48回 1997年12月31日 1部 40.2%
2部 50.7%
第49回 1998年12月31日 1部 45.4%
2部 57.2%
第50回 1999年12月31日 1部 45.8%
2部 50.8%
第51回 2000年12月31日 1部 39.2%
2部 48.4%
第52回 2001年12月31日 1部 38.1%
2部 48.5%
第53回 2002年12月31日 1部 37.1%
2部 47.3%
第54回 2003年12月31日 1部 35.5%
2部 45.9%
第55回 2004年12月31日 1部 30.8%
2部 39.3%
第56回 2005年12月31日 1部 35.4%
2部 42.9%
第57回 2006年12月31日 前半 30.6%
後半 39.8%
第58回 2007年12月31日 前半 32.8%
後半 39.5%
第59回 2008年12月31日 前半 35.7%
後半 42.1%
第60回 2009年12月31日 前半 37.1%
後半 40.8%
第61回 2010年12月31日 前半 35.7%
後半 41.7%
第62回 2011年12月31日 前半 35.2%
後半 41.6%
第63回 2012年12月31日 前半 33.2%
後半 42.5%
第64回 2013年12月31日 前半 36.9%
後半 44.5%
第65回 2014年12月31日 前半 35.1%
後半 42.2%
第66回 2015年12月31日 前半 34.8%
後半 39.2%
第67回 2016年12月31日 前半 35.1%
後半 40.2%
第68回 2017年12月31日 前半 35.8%
後半 39.4%
第69回 2018年12月31日 前半 37.7%
後半 41.5%
第70回 2019年12月31日 前半 34.7%
後半 37.3%
第71回 2020年12月31日 前半 34.2%
後半 40.3%
第72回 2021年12月31日 前半 31.5%
後半 34.3%
第73回 2022年12月31日 前半 31.2%
後半 35.3%
第74回 2023年12月31日 前半 29.0%
後半 31.9%

視聴率の歴史的低下の要因

2023年の紅白歌合戦は、第1部が29.0%、第2部が31.9%という視聴率を記録しました。これは1989年の2部制導入以降、最低の数値です。特に第1部は30%の大台を初めて割り込む結果となりました。

一方で、民放トップの視聴率はテレビ朝日の「ザワつく!大晦日」が12.3%を記録し、3年連続でトップを維持しています。

視聴率の低下の要因は以下が考えられます。

・年齢層の低い世代のテレビ離れ
・旧ジャニーズの出場停止
・海外アーティストの過剰な起用
・年齢層の高い世代が今の時代にアップデートできていない
上記の要因を解決しない限りこれからも視聴率の下降は止められないと思われます。

2023年紅白歌合戦テーマ「ボーダレス」の舞台裏

紅白歌合戦のテーマ「ボーダレス」は、多様性と国境を越えた音楽の融合を意味しています。

現在日本だけではなく世界的に人類のレベルを1段階上げようとしている。それが「多様化」+「ボーダレス化」。「ボーダレス化」とは時間、組織、人格、仕事や性別などの線引きを消すことでありAIの進化も含めて今までのマインドをアップデートしていこうという意味合いだと個人的に感じます。

2023年紅白歌合戦注目どころ

総合司会には有吉弘行、橋本環奈、浜辺美波、高瀬耕造アナウンサーが選ばれました。

音楽ユニット「YOASOBI」はヒット曲「アイドル」を初歌唱し、Adoは京都・東本願寺からのサプライズ中継を行いました。ポケットビスケッツとブラックビスケッツの25年ぶりの出場や、伊藤蘭の46年ぶりの出場も話題を集めました。また、旧ジャニーズ事務所からの出場者がゼロとなり、JO1やBE:FIRST、Stray Kids、SEVENTEENなどのグループが注目を集めました。

まとめ

「第74回NHK紅白歌合戦」は、視聴率の面で厳しい結果に終わりましたが、その背後には多様性と革新の試みがありました。今後の日本の音楽シーンにおいて、この「ボーダレス」な試みがどのような影響を与えるのか、引き続き注目していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました