スポンサーリンク

G-SHOCKおすすめ!メタルコアバンド腕時計【GW-M5610BC-1JF】とは?簡単解説!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

G-SHOCK GW-M5610BC-1JF 雑記
スポンサーリンク

誰もが知っている腕時計「CASIO G-SHOCK(ジーショック)」。みなさんは持っているでしょうか?また持っている方はどの種類を持っているでしょうか?

この記事はこんな方におすすめです。

・G-SHOCKを購入検討中の方
・G-SHOCKどれを買おうか迷っている方
・G-SHOCK GW-M5610BC-1JFに興味がある方
AM-TR
AM-TR

私は3年前からG-SHOCK GW-M5610BC-1JFの愛用者です!愛用者の私が3年間使用した感想を記事にして紹介しています!

スポンサーリンク

G-SHOCK GW-M5610BC-1JF

G-SHOCK

G-SHOCK GW-M5610BC-1JFとは?

G-SHOCK

1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承しています。
デザインはスクエアフェイス5600シリーズのマルチバンド6搭載モデル使用しており、 樹脂の中にメタルパーツを埋め込み、軽量化と強度を両立させたメタルコアバンドを採用しています。 反転液晶を用いて、全身ブラックで統一したクールなデザインに
仕上がっています。

詳しいスペック価格などはこちらをどうぞ

スポンサーリンク

G-SHOCK GW-M5610BC-1JF おすすめポイント

おすすめポイント①

G-SHOCK

「G-SHOCK GW-M5610BC-1JF」おすすめポイントは何と言っても「デザイン」です。従来の樹脂ベルトとは違い、メタルコアバンドを採用しており写真で見ても分かるように「全身ブラック×メタルコアバンド×反転液晶のマット感」が最高にカッコイイのです。スクエアタイプ5600系が好きな方には間違いなくおすすめの1本です。

おすすめポイント②

GSHOCK
続いて「G-SHOCK GW-M5610BC-1JF」おすすめポイントは「機能面」です。
G-SHOCKの耐久性はもちろん防水・タフソーラー・電波時計を採用しており、この4つの機能があれば、ほぼほぼメンテナンスいらずで使用できるのがおすすめです。またメタルコアバンドは時計の装着や取り外しも簡単にできるのもおすすめポイントです。

スポンサーリンク

G-SHOCK GW-M5610BC-1JF 注意ポイント

注意ポイント①
G-SHOCK
「G-SHOCK GW-M5610BC-1JF」の注意ポイントとしては、ボタンが小さいことです。慣れたら問題ないと思いますが、購入当初はボタンが少し押しにくいと感じました。
注意ポイント②
ジーショック
続いて「G-SHOCK GW-M5610BC-1JF」の注意ポイントとしては「反転液晶」になります。何気なく時間を確認した時に気づいたのですが、反転液晶は見る角度によって非常に見づらい時があります。こちらも慣れれば問題ありませんが購入当初は「電池が切れたのかな?」と思うほど見えませんでした。
スポンサーリンク

G-SHOCK GW-M5610BC-1JF 使用した感想

私は3年間使用していますが個人評価としては10点満点中、9.5点はあります。
この時計を購入してからは他の時計の出番は間違いなく少なくなりました。
カジュアルな服装で出かけるときは、どんな服装にも合わせることが可能だと思われます。私は釣りをよくするのでアウトドア等には最適です。

唯一欠点を上げるとしたら前項目で紹介しました注意ポイント2点及び、個人的にフォーマルスタイルで出かけるときなどは、私は合わない感じがしましたが、その人の価値観次第だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

最後までこの記事をお読みいただきありがとうございます。
現在購入検討している方やG-SHOCKどれを買おうか迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。長期的に見てもコストパフォーマンスも良い商品ですので本当におすすめ商品です!

以上36歳のおっさんでした!

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました